ご購読者様限定のプレゼントです


⇒もっと見る

⇒もっと見る

⇒もっと見る
 ┗留守止め



 ┗取扱紙

 ┗会社概要
 ┗求人募集

幸運くじ
会員登録(無料)すると毎月プレゼントが当たる「くじ」引けます
幸運くじとは
全日本国民を勝手にランキング
今日のアナタは日本で何位
⇒くじを引く


⇒もっと見る
旅のアクセント(冬の花火 秩父夜祭)

冬の花火 秩父夜祭


秩父夜祭名物、山車と冬の花火


京都・祇園祭、岐阜・高山祭とともに日本三大曳山ひきやま祭りに数えられる埼玉県秩父市の秩父祭は、「秩父夜祭」として親しまれています。

秩父神社の祭事で300年以上の歴史があり、毎年12月2日に宵宮、3日に大祭が行われます。祭りの中心は屋台4基と笠鉾かさほこ2基の山車。金色の飾り具や極彩色の彫刻、金糸をあしらった刺繍ししゅうなどで飾られています。

2日は屋台、3日は屋台と笠鉾が登場し市内を回ります。十数tもの山車の車輪をてこ棒で浮かせ、方向転換する伝統の技「ギリまわし」は見もの。屋台の舞台では、市民による歌舞伎や長唄、子どもたちの日本舞踊などが披露されます。

クライマックスは3日夜。神輿みこ神馬しんめなどの御神幸ごしんこう行列が、6基の山車を先導して秩父神社から1kmほど離れた団子坂の上の御旅所おたびしょに向かいます。秩父屋台囃子はやしのリズミカルな太鼓が鳴り響き、冬の澄み切った夜空に花火が打ち上げられる中、山車が車輪をきしませながら、長さ50m斜度25度の坂を駆け上ります。

■ おすすめツアー情報
「世界無形文化遺産の秩父夜祭を桟敷席で」師走名物、秩父神社例大祭「秩父夜祭」を桟敷席でゆっくりと見物します。合わせて足利学校や鑁阿寺(ばんなじ)をめぐるコースのほか、世界遺産の富岡製糸場、碓氷峠を越えて軽井沢をめぐるコースなど3コース設定しています。
■ 時期
12月3日出発
横浜・新宿から貸切バス利用

※掲載している内容は2017年8月現在の情報です。ツアー情報など、変更となる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

【お問い合わせ】
株式会社朝日旅行
電話:03-6858-9811 FAX:03-6858-9820
営業時間:月曜〜金曜(9:30〜18:00) ※祝日は休み
〒108-8308 東京都港区三田3-13-12 三田MTビル2階


<< サトイモときのこ…
未来のためにでき… >>
一覧へ

▼おすすめ情報ランダムPICKUP▼

マルトクリーニング
エコロジーショップ エッセンス
中華 ワンちゃん